« 唐揚げ詐欺 | トップページ | 消費者は騙されない・・が、 »

2013年3月19日 (火曜日)

WBCの敗因はオランダ

メジャーリーガーのいない侍ジャパンはWBCベスト4で敗退となりました。
メンバーを考えるとよく頑張ったと思います。
ただ、大会を振り返るとオランダの存在が、日本チームが成長するうえでネックになった気がしてなりません。
サッカーのW杯予選の際も繰り返しここで書いていますが、苦しい試合を勝ち抜いて、成長しないと、本大会での好成績は期待できません。
過去2大会は、下位ラウンドで韓国に敗れ、米国に疑惑の判定で敗れるなど、かなり最初から苦戦していましたが、それを乗り越え、成長して優勝にたどりつきました。
今大会も、初戦でブラジルに苦戦し、キューバには完敗。
二次ラウンドでは台湾相手に負ける寸前から起死回生の勝利をつかみとり、苦戦の中で成長するシナリオは順調かに思えました。
しかし、最大のライバルを、オランダが一次ラウンドで倒してしまい、そのオランダが、日本戦であまり歯ごたえがなかったことから、台湾戦のあと、必死になって成長する機会がありませんでした。
このわずかな伸びしろが伸び切れなかったことが、ベスト4での敗退の原因ではないかと思います。
ただ、少子化や野球人気の衰退なんのその、日本野球の安定した強さは大したものです。
4年後には、このチームから約半数入れ替わるでしょうが、次は、しっかり初戦から成長を重ね、優勝を奪還してほしいと思います。

|

« 唐揚げ詐欺 | トップページ | 消費者は騙されない・・が、 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: WBCの敗因はオランダ:

« 唐揚げ詐欺 | トップページ | 消費者は騙されない・・が、 »