« 相手のリミットを見極める | トップページ | 頑張りどころ »

2013年2月10日 (日曜日)

どこにプラスアルファするか

コストカットに注目が集まる中、いかに効率よくスピーディーに仕事をこなすかが大事だと言われます。
しかし、それがいつの間にか一番の価値観になっていないでしょうか。
自分の仕事を売るために、安くする。そのために、早く効率よく仕事をする、これはよいのですが、自分の仕事を売るのは安さだけがポイントではないはずです。
相手が安さではなく質を求めている場合、いくら早く効率良い仕事をしても無駄になってしまうでしょう。
このような場合、仕事を効率よく片付けようとするのではなく、自分の中でその仕事により高いハードルを課し、より良い自分だけの「売り」を持った仕事を目指すことが大事だと思います。
本当に効率の良い仕事とは、相手のニーズに的確にあった仕事をすること。
そのために、自分の普通の仕事に、どこにプラスアルファすればより良い仕事になるかを考えながら仕事をすることが大事なのかと思います。

|

« 相手のリミットを見極める | トップページ | 頑張りどころ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: どこにプラスアルファするか:

« 相手のリミットを見極める | トップページ | 頑張りどころ »