« プロセスの重要性 | トップページ | 結論は極めて単純? »

2013年2月 1日 (金曜日)

厳しさ から 実直さ へ

スポーツ界で暴力的指導の報道が相次いでいます。
スポーツは、練習が非常に大変で、意識の低い選手は勝利のために最善の練習をなかなか行いません。
これと、日本独特の上下関係の比重とがあいまって、上位者による暴力的指導やしごきがこれまで行われてきたようです。
多少の暴力を用い厳しい指導をしても、それに下位者が従い、チームを勝利に導くことができればそれは「善」という価値観がありました。
しかし、それはハングリー精神旺盛な少し前の時代で通用した理屈。
今の社会では、厳しい指導は、それに伴う責任を伴うリスキーな手法だと言わざるをえません。
運動能力はあるが、練習態度の悪い選手を厳しく指導して育てるのではなく、運動能力は最初は高くなくとも、真面目に練習する大事さや、チームのために最善のアクションを考えてとることの重要性を教え、自主的に成長しいく選手を育てていく方向に指導の重点がシフトしているということでもあるでしょう。
態度のよくない選手を厳しく指導することは有能な指導者にも大きなリスクを背負わせてしまうもの。
強いスポーツチームを作ろうとする場合、書類上の運動能力数値よりも普段の態度を重視し、実直に練習し、チームプレーに徹することのできる選手を選んで招き入れていく時代がもうすぐそこに来ているのかと思います。

|

« プロセスの重要性 | トップページ | 結論は極めて単純? »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 厳しさ から 実直さ へ:

« プロセスの重要性 | トップページ | 結論は極めて単純? »