« 生活保護は重い! | トップページ | ルールの範囲内かどうか »

2013年1月24日 (木曜日)

生え抜きは大事に育てよう

私が子どもの頃のプロ野球球団は、生え抜き選手をとても大切にしていた印象が強いです。

日本的な年功序列と終身雇用の色が強く、一度活躍すれば、引退までずっとそのチームで契約し、成績が落ちてもあまり年棒は急には減らない仕組みだったように思います。

しかし、このオフには、ソフトバンクが生え抜きの主力選手を、FA補償のプロテクト漏れをしたり、オリックスと日本ハムがキャンプイン直前のこの時期に主力選手のトレードを行うなど、かなり生え抜きの主力選手が簡単に放出されています。

このようなシーズンオフに主力選手が入れ替わるという光景、Jリーグチームではそれほど珍しいものではありませんが、プロ野球ではあまりみかけませんでした。

主力選手はいずれメジャー流出が避けられないことや、チーム編成についての欧米流の考えが広まってきたことなどが、プロ野球チームの編成方針に影響を与えているように思います。

昨今、選手の年棒が、活躍に応じて比較的上がりやすく、逆に成績不振の時に落としにくいことも一要因になっているかもしれません。

しかし、ファンは選手がころころ変わるチームを快く応援できない人が多いはずです。

チームを強くしたいという考えは同じなのでしょうが、今一度、年功序列・終身雇用の良い面を顧み、生え抜き選手に優しいチーム作りをしっかり意識してほしいと思います。

|

« 生活保護は重い! | トップページ | ルールの範囲内かどうか »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 生え抜きは大事に育てよう:

« 生活保護は重い! | トップページ | ルールの範囲内かどうか »