« 道は探し出すもの | トップページ | 前向きに頑張り続けるには »

2013年1月29日 (火曜日)

アイディアをすくい取る

閉塞感あふれるこの時代、新しいアイディアを商品化していくことが局面を打開するカギです。
経営者や管理職は経験は有していますが、既に持てるアイディアを商品化してのしあがってきた人達ですので、なかなかこれ以上のアイディアを個人で出して行くには限界があります。
そこで、有能な若手の斬新なアイディアをしっかりとすくい上げ、商品化していくことが大事です。
ところが、若手の才能の期待するあまり、アイディアだけでなく、その商品化手法まですべて仕上げることを求めてしまう上司が増えているようです。
若手が斬新なアイディアを披露できるのはそれを考えるのがワクワクし、成功したときの達成感があるからです。
しかし、商品化まで完成させなければならないとしてしまうと、プレッシャーが強くなり、楽しみも達成感も感じにくくなり、結果、良いアイディアが出にくくなります。
上司がすべきなのは、若手の自由なアイディアを忌憚なくださせ、それを商品の昇華させ、若手ともども達成感を得るのは、主に経験あるベテランの仕事だと思います。
結果を出した者を登用するというのは一見合理的なようで、実は宝くじを買っているにすぎない場合がしばしばあります。
そうではなく、若い人材の自由なアイディアをしっかりとすくい取り、ヒット商品を継続的に売り出していくという結果こそが何より大事なのだということを忘れてはならないと思います。

|

« 道は探し出すもの | トップページ | 前向きに頑張り続けるには »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: アイディアをすくい取る:

« 道は探し出すもの | トップページ | 前向きに頑張り続けるには »