« 大事な選択 | トップページ | 顧客の要求重視か、精度重視か »

2012年12月10日 (月曜日)

海外進出のリスク

ドラフトの目玉大谷選手が、メジャー挑戦を諦め、日本ハム入りを決断しました。
高校生がいきなりメジャーに挑戦するリスクを考えると、周囲がNPB入りを勧めるのは当然のことです。
それでも、大谷選手がメジャーにこだわったのは、NPBに就職してしまうと、メジャーに行ける実力をつけたときに、すぐに行けるとは限らないこと。
この点は、ある程度の年数を経た選手が自由に所属チームを選ぶことができる仕組みを作っていかなければならない課題点だと思います。
サッカーに目を移すと、野球ほど移籍の制約は大きくないですが、海外でのプレーを考える若手選手は多いです。
高みを目指すのはいいことですが、それは海外で通用する実力をつけてからの話。
海外に出て成長する機会を与えてもらえるというのは甘えでしかありません。
そう考えると、移籍前にしっかり国内で力をつけ、成果を残すべきですが、どうも、それができていないまま、海外移籍を夢見る選手が多いように思います。
夢を語るのは今、精一杯の成果を残してからの話で、その裏付けがなければリスクでしかありません。
高みを目指すためには、まず今、目の前の仕事で最大の成果を出す、それに注力すべきことをしっかり頭に入れておかなければならないと思います。

|

« 大事な選択 | トップページ | 顧客の要求重視か、精度重視か »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 海外進出のリスク:

« 大事な選択 | トップページ | 顧客の要求重視か、精度重視か »