« ビジョンの必要性 | トップページ | 高く売れるものを探し、守る »

2012年11月20日 (火曜日)

看板を見ず中身を見極める

衆議院が解散し、政党を移籍する議員や候補者が続出しています。
 
少しでも選挙に有利な政党で・・という思惑もあるのでしょうが、そもそも政党自体がはっきりしない団体になりつつあるのでしょう。
 
政党の存在意義は、重要争点を中心に概略的な方針を表明し、その方針に沿った投票を可能にすることにより、有権者の判断を容易にするというものです。
 
このような政党がしっかり機能していれば、政党を移籍する議員などはほとんど出ないはずです。
 
しかし、実現不可能なマニフェストを掲げ、日和見主義的な活動をしていると、本来ブレるはずのないビジョンがどんどんゆらぎ、掲げている方針と内実がどんどん乖離していきます。

今、離党を決意している方の中には、政党の方針が一貫しないため、より自分の考えに近い政党に移籍するという人も少なくないはずです。

いずれにせよ、人気獲得目当てで移籍する候補者や、掲げる政党方針は我々有権者がしっかり見極め、ブレない日本を支えていかなければなりません。

今度の選挙は、この点で、看板ではなく中身を見極めるべき大変な選挙になること必至でしょう。

|

« ビジョンの必要性 | トップページ | 高く売れるものを探し、守る »

コメント

消去法の達人たちは、’ああでもなければ、こうでもない’ と力説する。
無哲学・能天気であるから、自分は ‘どうであるか’ を述べることはできない。
過不足のない筋の通った世界観がない。空想になる。
哲学的な団結ができない仲良しクラブだから、日和見である。
つかみどころがない人物が多く、離合集散が激しい。

日本語には時制がないから、現実と非現実の区別ができない。だから、有意義な議論というものができない。
理想を述べると「そんなことを言ってもだめだぞ。現実は、そうなっていない」と返される。
それで、自己の理想に向かって生涯努力する態度が保てない。
未来時制の文章が書けないのでは、脳裏に筋の通った未来社会を構築することも困難である。
代議士といえども、議論のための代理人となることは難しい。

http://www11.ocn.ne.jp/~noga1213/
http://3379tera.blog.ocn.ne.jp/blog/

投稿: noga | 2012年11月20日 (火曜日) 01時46分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/27702/47901706

この記事へのトラックバック一覧です: 看板を見ず中身を見極める:

« ビジョンの必要性 | トップページ | 高く売れるものを探し、守る »