« スタートラインは一緒 | トップページ | 祭りに取り組む姿勢 »

2012年11月24日 (土曜日)

相手にあわせた微調整

お客様がうまいと思ってくださる料理が本当に優れた料理
という料理家はしばしばいます。
全くその通りで、いくら著名な方が太鼓判を押していたとしても、自分がおいしいと感じない料理に高いお金をかけることはできません。
これは料理に限らず、どの業界でも同じで、お客の満足をもたらす仕事を常に意識して仕上げを行わなければならないでしょう。
もちろん、お客にあわせてころころ方針を変える仕事がコンスタントに良い質を保てるとは思いませんので、自分の仕事の根幹としてあるべきブレないものをベースに、最後の仕上げで相手に合わせたものに微調整するというのが理想的な流れかと思います。
些細なことですが、ただ自分のスタイルを毎回同じように行っていくだけでなく、このちょっとした微調整が、顧客満足度をあげ、商品が売れる大事なコツだということはしっかり身につけておきたいと思います。

|

« スタートラインは一緒 | トップページ | 祭りに取り組む姿勢 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 相手にあわせた微調整:

« スタートラインは一緒 | トップページ | 祭りに取り組む姿勢 »