« 続けるコツ | トップページ | 安定感 »

2012年11月11日 (日曜日)

法学部離れが進む?

東大法学部が、東大内での進学において定員不足となったという報道がありました。
これをふまえ、現役の法学部学生数名と話をしましたが、時代はどうしても法学部離れに進んでいるようです。
私が東大在籍の頃は法学部Ⅰ類は花形で、実力か野心のある生徒はほとんど司法試験合格を目指していました。
Ⅱ類も国の根幹を支えようとする学生が一生懸命頑張っていました。
実力と野心を備えた学生が東大法学部に集まったのは、その後の進路に大きな魅力を感じていたからにほかならないでしょう。
ところが、弁護士大増員の結果、弁護士資格を持つだけでは、自分が希望する職業訓練を受けることができる事務所への就職がどんどん困難になっています。
公務員も給料は右肩下がりで、些細なトラブルから簡単に職を追われるリスクを抱える状態にあります。
仕事のやりがいは変わらなくても、仕事への魅力はこのわずか数年の間に大きく下がってしまったと言わざるをえません。
会計士業界はもっとこの傾向が顕著で、資格をとっても就職すらできないのであれば、目指す意味がないと諦める人が増えています。
弁護士や会計士の増員は、これら士業へのアクセスを近くしたという点では評価できますが、士業全体の質は間違いなく落ちているでしょう。
昨今のこれら業界の方向性が間違っているとはいいません。
旧来のビジネススタイルでは早晩頭打ちになるので、新しい弁護士・会計士・公務員のありかたを考えていかなければならないでしょう。
法学部離れが進むのは国家としては懸念材料ですが、これが大きな問題として顕在化する前に、若手弁護士や会計士・公務員が新しい仕事のあり方を模索していかなければならないと思います。

|

« 続けるコツ | トップページ | 安定感 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 法学部離れが進む?:

« 続けるコツ | トップページ | 安定感 »