« 持続可能な将来戦略 | トップページ | 落ち着くコツ »

2012年10月11日 (木曜日)

結婚力は安定力

結婚できる人とできない人は何が違うの、という話になった場合、大抵安定力の違いに話が落ち着きます。
安定力とは、私の把握する限りでは、経済的安定性、感情的安定性、家庭的安定性です。
経済的安定性は説明不要と思いますので省略します。
感情的安定性は、文字通り感情が安定しており、極端な喜怒哀楽の落差がないこと。
さらにつきつめれば、愛情表現が安定しており、神父が説くように富める時も貧しき時も、健やかなる時も、病める時も、はたまた、機嫌のよい時も、調子のよくない時もぶれない愛情表現ができることをいいます。
家庭的安定性とは、積極的な行動としては、炊事や掃除、育児といった家庭生活に必要な活動を安定してこなせること、消極的な行動としては、浮気や暴力、浪費など、家庭を崩壊させるような行動をしないことを指します。
この安定性のある人は多少他の面に問題があっても結婚はしやすい反面、いくら優れた要素がたくさんあっても、この中のどれかで不安を感じられれば、結婚は敬遠されてしまうでしょう。
さらにざっくりいえば、素朴に弱点のない人は結婚できるということ。
少子化の中で結婚しにくいという意見をちらほら聞きますが、こうした当たり前のところで大きな弱点を抱えていないかどうか見直してみてはどうかと思います。

|

« 持続可能な将来戦略 | トップページ | 落ち着くコツ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 結婚力は安定力:

« 持続可能な将来戦略 | トップページ | 落ち着くコツ »