« 機械に頼りすぎ | トップページ | ないものねだりしない »

2012年8月 8日 (水曜日)

結果よりも大事なこと

他人を評価するとき、一番目につくのは成し遂げた結果です。
それ自体は、おかしいことではないのですが、これだけではだめだと思います。
結果というのは、偶然でることもあります。
たまたま問題にはちあわず、無難にこなした事と、苦労して挽回しながら、マイナスが残った事とでは、後者の方を評価すべきです。
私が思うに、結果は1指標ですが、それよりも大事なのは、将来に向けて何を備えているかで、具体的な項目を挙げると、例えば「同じミスを繰り返さない」といった点は、目先の結論よりも重要だと思います。
苦労した数だけ、必ず自分に経験として戻ってきますので、苦労した経験はその人の評価としてプラスに考えてよいと思います。
その経験を、同じミスを繰り返さないという形で生かせれば、将来に向けた周囲の評価につながります。
1つの結果に一喜一憂する必要はありません。
将来に向けて、自分は何を備えているか、何ができるかを考えていけば、目先の結果にとらわれることなく、大きくなっていけるのではと思います。

|

« 機械に頼りすぎ | トップページ | ないものねだりしない »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 結果よりも大事なこと:

« 機械に頼りすぎ | トップページ | ないものねだりしない »