« 守りに入るべきとき、攻めるべきところ | トップページ | 突然の豪雨 »

2012年8月14日 (火曜日)

オリンピックは純粋に

オリンピックは終わりましたが、サッカー日韓戦での韓国選手の独島アピール問題が世界に波紋を呼んでいます。
オリンピックで各自が好き勝手すればまったく収拾がつかなくなり、高い放映権料を支払うテレビ会社も離れてしまいます。
観客に煽られたとしても、軽率な行動であったことを、まずは韓国がしっかり諌めなければならないでしょう。
韓国は今回だけでなく、他のスポーツ大会でも同じような問題を起こしているようですので、国として、選手に対する教育不足なのではないでしょうか。
韓国だけでなく、今一度オリンピックをはじめとするスポーツ大会に携わる人全員が、大会における最低限のルールをしっかり再認識すべきでしょう。
注目の処分ですが、観客から煽られたとしても、世界的にマイナー言語の紙を振りかざしただけで、韓国以外の人にはほとんどその内容が認知されなかったとしても、選手本人のメダルはく奪はやむなしでしょう。
ただ、チーム全体の連帯責任まで追及するのは非常に酷な気がします。
いずれにせよ、将来に向けてこのような問題が再発しないことが何よりです。
しっかりこの問題の教訓を生かし、オリンピックが純粋な場であり続けることを期待してやみません。

|

« 守りに入るべきとき、攻めるべきところ | トップページ | 突然の豪雨 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: オリンピックは純粋に:

« 守りに入るべきとき、攻めるべきところ | トップページ | 突然の豪雨 »