« やる、と決めたことは、やる | トップページ | 結果よりも大事なこと »

2012年8月 7日 (火曜日)

機械に頼りすぎ

この数日で、
・ポケットワイファイの場所を失念して、通信できず(発見)
・携帯電話を花火会場で落とし、通信できず(奇跡的に発見)
・同乗した車のナビがトンチンカンな案内(自力で目的地にたどりつく)
・乗ろうとした電車が、他の電車の遅れが原因で大きく遅れる
と、機械難というべき不運が立て続きに起こりました。
改めて、我々は、機械に頼りすぎ、少しでもその恩恵を受けられないと、スケジュールは大きく狂い、下手をすると大損害につながる危険を実感しました。
機械は、ほぼ正確ですが、100%ではありません。
また、自分で勝手にどこかへ行くようなことはありませんが、人間のような自己修復力はなく、こまめにメンテナンスする必要があります。
こうした機械は、ただの「便利な道具」ではなく、「大切な相棒」と考えて扱うと、うまく問題なく過ごせるように思います。
なくなってはじめてそのありがたみを理解できると言いますが、本当にこれらのものがなくなると大変で、そうならないようしっかり管理する必要があると認識すべきでしょう。

|

« やる、と決めたことは、やる | トップページ | 結果よりも大事なこと »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 機械に頼りすぎ:

« やる、と決めたことは、やる | トップページ | 結果よりも大事なこと »