« 組織の要は誰? | トップページ | アウトドア派?インドア派? »

2012年8月 3日 (金曜日)

「わざと」負ける?

五輪で無気力試合をしてわざと負けたというチームが失格になるというニュースがありました。
勝ちぬくため、より戦いやすい相手にあたるために、戦い方を調整するというのは、私は立派な戦略の1つだと思います。
それを「わざと」やっていると明らかにするから、非難されるのです。
観客は真剣勝負を見に来ているわけですから、その期待に「堂々と」反して、「わざと」負けるような試合をすることを、正当化するような人はスポーツ選手にふさわしくはありません。
あくまで勝負は「真剣」にやらなければならないのです。
例えば、なでしこジャパンの予選最終戦。
2位通過の方がよいなどとは、関係者は絶対に言ってはならないでしょう。
長い決勝トーナメントの戦いを見据えて、控えメンバーも試合に起用して、チーム全体の底上げをしながら、真剣に戦います、こういえばよいのです。
人の主観は、直接証拠がなく、周囲の事情により、推認するしかありませんが、これをわざわざ自ら暴露することは自殺行為ととらえられても仕方ありません。
主観はできる限り隠しつつ、真剣勝負を続けることが、スポーツ選手に限らず、他人の期待を背負う仕事をする人全てに必要なことではないかと思いました。

|

« 組織の要は誰? | トップページ | アウトドア派?インドア派? »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「わざと」負ける?:

« 組織の要は誰? | トップページ | アウトドア派?インドア派? »