« 衝動的な決断をおさえる | トップページ | 「わざと」負ける? »

2012年8月 2日 (木曜日)

組織の要は誰?

チームを組んで何かに取り組んでいるとき、必ず要になる人物がいます。
チームをよい方向に導くには、その人がうまく活躍できる環境を整えることが大切です。
そのためには、誰がキーパーソンかをしっかり見極める必要があります。
組織の要は決済をするボスではありません。
中核となる実務をこなす人であることが多いでしょう。
ここで妨げとなるのは、日本固有の年功序列制度です。
どうしても、実務をこなす人よりも、決済権者の意見が優先されがちであることが1つ。
もう1つは、業務の均質化の中で、すぐれた人の仕事内容があまり全体に共通認識を持たれないことです。
しかし、ここにこそ、組織の浮沈を握るカギがあります。
派手な仕事をするより、平然と難しいことをこなす人材を生かしていくことが、組織のレベルアップには不可欠でしょう。
誰が要か、誰を生かし、育てていくか、大きな組織でも小さな組織でも、決して忘れてはならないポイントだと思います。

|

« 衝動的な決断をおさえる | トップページ | 「わざと」負ける? »

コメント

とても魅力的な記事でした!!
また遊びに来ます!!
ありがとうございます。。

投稿: 職務履歴書 | 2012年8月11日 (土曜日) 09時16分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 組織の要は誰?:

« 衝動的な決断をおさえる | トップページ | 「わざと」負ける? »