« 言葉に乗せる感情 | トップページ | 衝動的な決断をおさえる »

2012年7月31日 (火曜日)

ジャッジ理由の具体化、客観化

昨晩の柔道男子66kg級の準々決勝は、「ぇぇぇえええ!」というビックリな展開でしたし、サッカー代表の勝利よりも、今日の話題を占めていたのではないかと思います。
問題はジュリーの意見で、主審の判断が2度覆ったこと。
まずは、海老沼選手の技がポイントになり、一度は海老沼選手の勝利が言い渡されたものの、ビデオ判定をしたジュリーから意見がつき、ノーポイントで試合続行。
続いて、このプレーを完全にゼロと見て、試合トータルで青優勢と判断した審判団に対し、(観客の大ブーイングもあってか)先ほど覆したプレーを評価するよう、ジュリーから意見がつき、そこで、判定が逆転して白優勢勝ちとなったこと。
この大会にすべてをかけて臨む選手にとってはなんともいえない気分だったと思います。
ジュリーの判断が主審に影響を及ぼすのは、ビデオ判定を積極的に取り込んでできる限り妥当な結論に持っていこうとする姿勢のあらわれですので、私はよいと思います。
しかし、問題なのは、あまりにも主審の判断が簡単に変えられすぎであること。
その原因には、ジャッジ根拠が主審の判断にゆだねられすぎで、具体化・客観化されていないことがあげられるでしょう。
微妙な判定でギリギリポイントにならなかったプレーを判定でどう評価すべきかなどは、きちんと審判団で共通認識を持っておくべきでしょう。
大変な仕事ですが、ここをしっかり具体化していかなければ良い審判は成長していきません。
ビデオ判定が導入されることに良い兆候を感じつつも、だからこそ、もっと判断基準を明確にしなければいけないと感じる衝撃的な出来事だったと思います。

|

« 言葉に乗せる感情 | トップページ | 衝動的な決断をおさえる »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ジャッジ理由の具体化、客観化:

« 言葉に乗せる感情 | トップページ | 衝動的な決断をおさえる »