« 対物ストレス | トップページ | エビデンスの集め方 »

2012年6月 1日 (金曜日)

ほう・れん・そうは、その日のうちにすべき

最近リレー投稿になりつつあるこのブログ。
昨日は、仕事でストレスをためこまないために、その日やってしまう仕事と、明日に回す仕事をバランスよくこなす必要があるという記事を書きました。
今日は、そのうち、必ずその日のうちにやらなければならないものをピックアップします。
いわゆる「ほう・れん・そう」と言われるものです。
上司や顧客等への報告・連絡・相談は、必要に迫られた段階で、すぐにしなければなりません。
後回しにして、後で相手から確認を求められようものなら、それだけで相手の信頼を失ってしまいます。
ほう・れん・そうはその行動を起こすこと自体は、大きなエネルギーは必要ではありません。
夜遅くなり、相手に迷惑な時間帯でも、とり急ぎメールで連絡を入れておき、翌日朝一番で電話するなどの機転を利かすことが非常に重要です。
ところが、仕事をマイペースでこなす人はここになかなか気づきませんし、相手から連絡があっても、うまくその場をしのいで、それで解決したと感じがちです。
自分のことは後回しにしてでも、相手のある仕事を積極的に先回しで解決していく姿勢をしっかり持っておくことが、社会で生き抜くために非常に大切だと再認識させられます。

|

« 対物ストレス | トップページ | エビデンスの集め方 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ほう・れん・そうは、その日のうちにすべき:

« 対物ストレス | トップページ | エビデンスの集め方 »