« とことんやる | トップページ | ドラフト制度の必要性 »

2012年5月 9日 (水曜日)

計算力が大事

私は昔から計算が得意で、今となっては、買い物をする際、いちいち計算しなくても、おおよその総額が感覚的にわかります。
ですので、レジで予想外の金額を言われた際、再計算を依頼すると代金が下がることがほとんどです。
また、先日のカンボジアツアーでは、空港のとあるお店で、カードで支払をしようとしたら、現金で法外な金額を請求され、「あなたのレート計算は間違っている。カードを使えないのなら、商品は買わない」と英語で伝えると、渋々カードで精算するという一幕がありました。
観光客相手にレートをごまかし、ピンハネしようとする店員がいることに驚くとともに、計算力の大事さを実感させられた場面でもありました。
電卓を持ち歩ける世の中、計算力はいらないという人もいます。
しかし、ある程度の計算、言いかえれば、日常に使う程度の計算は自分でできることが、社会の中で自分を守り、自分を生かすために不可欠だと思います。
最低限度の計算能力があることに安心するとともに、子どもら相手に機会のあるときは、計算力の大切さをしっかり伝えていきたいと思います。

|

« とことんやる | トップページ | ドラフト制度の必要性 »

コメント

とても魅力的な記事でした!!
また遊びに来ます!!
ありがとうございます。。

投稿: 株の投資 | 2012年5月19日 (土曜日) 16時05分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 計算力が大事:

« とことんやる | トップページ | ドラフト制度の必要性 »