« 聞き捨てられることば | トップページ | 普通の店に案内する »

2012年5月27日 (日曜日)

バスケットボールのように

現在、本当に多様な仕事を分刻みで処理していく状態に置かれることがしばしばあります。
この状態下で、私は、まるでバスケットボールをやっているような感覚になりました。
バスケットボールは、オフェンスとディフェンスが目まぐるしく入れ替わります。
また、ポジションも目まぐるしくいれかわり、役割は刻々とかわっていきます。
このような中、私は2つ大切なことがあると感じます。
1つ目は自分の立ち位置を把握し、それに応じた次の行動を考えること。
同じような対応をするにも、相手が目上の方か、同等の方か、子どもか、などによって対応の具体的な方法は全く変わってきます。
2つ目は確実な仕事を心掛けること。
バスケットボールでは、確実なシュートを打ち続けなければ、粘り強いディフェンスをしていかなければ、点差がどんどん開いていきます。
ポイントとなるべきところは、確実な仕事でポイントを稼ぎ、我慢すべきところは粘り強く我慢していかなければならないでしょう。
これを、状況に応じて瞬時に判断していかなければならない。
バスケも仕事も大変なことだと再認識させられます。

|

« 聞き捨てられることば | トップページ | 普通の店に案内する »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: バスケットボールのように:

« 聞き捨てられることば | トップページ | 普通の店に案内する »