« もう数日遅ければ | トップページ | 仮説と検証 »

2012年4月 9日 (月曜日)

ミスを少なく

変化球が多彩で、急速も早く三振がとれる
しかし、結果の出ない投手というのが時々います。
打者は7割方圧倒しているのですが、失投も多く、そこを狙われてズルズルと失点を重ねるケースが多いのでしょう。
優れた武器を持つことが大切な半面で、安定した力を出すためには、ミスを少なくすることが大切です。
150kmのストレートを持っていても、何球に1球か棒球がいったり、コントロールが定まらないと、プロはおろか、社会人野球でも通用しません。
逆にとりたてて目をひく武器はないものの、絶妙のコントロールと安定感を持った投手が、中継で、すぐに結果を出していくことがままあります。
自分の武器を磨くこと と、 ミスを少なくすること 前者の方が難しいから前者を優先して鍛えようと考えがちですが、後者の方が難しいのではないでしょうか。
私も荒削りなので、この点はしっかり意識して改善していかなければならないのですが、安定した結果を残すコツは、まさにミスを少なくする方にあると、あらゆる場面で見受けられます。

|

« もう数日遅ければ | トップページ | 仮説と検証 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ミスを少なく:

« もう数日遅ければ | トップページ | 仮説と検証 »