« 休載のお知らせ | トップページ | 安全運転 »

2012年2月13日 (月曜日)

仕事は、他人への貢献の対価であり、リスクを伴うもの

賭博は、法律で認められたもの以外は犯罪です。

しかし、商売と賭博は、どう違うのでしょうか?

どちらも不確定的な要素に投資して利益を求めるもので、収益をあげる構造、損失のリスクは同じような感じです。

違うところは、賭博は、投資した人が楽しむだけで、社会に何ら前向きな変化をもたらさないのに対し、仕事は、例え、倒産しても、それまでになした成果は何らかのかたちで社会を裕福にしているというところです。

利益を追及する際には、社会や顧客にどれだけの幸せをもたらせるか、という観点から徹底的に業務を検証していくことが大切だと思います。

しかしながら、賭博をする人が、できる限り収益のあがる確率をあげようと躍起になる反面で、相当割合の職業人は、こうしたリスクを低減させる努力や、社会や顧客への満足度の追及を怠り、事務的に仕事をこなしているように思います。

利益は、他社への貢献の対価であり、リスクを伴うもの。

仕事をしようとする際にも、仕事が軌道にのった際にも、この観点からしっかり自分の仕事を見つめ直すことが大切だと思います。

|

« 休載のお知らせ | トップページ | 安全運転 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 仕事は、他人への貢献の対価であり、リスクを伴うもの:

« 休載のお知らせ | トップページ | 安全運転 »