« 辛いことに取り組むコツ | トップページ | 携帯に頼り切らない生活設計 »

2012年2月22日 (水曜日)

評価されるためには

仕事を中心に、何かに頑張る以上は、人に評価されたいはずです。

では、評価されるためには、どうすればよいでしょうか?

圧倒的な力を見せ付けて、結果を出すことがベストですが、なかなかこれは簡単なことではありません。

このような場合、まずミスせず、そつなく通常の業務をこなすことが大切です。

普通の仕事でも、そつなくこなすと、次につながり、その中で経験を積み、うまくなることができます。

ミスを1回でもしてしまうと、相手は不安になり、次の機会を与えてくれないかもしれません。

まずは、ミスをしないことが成功の第一歩で、ミスをしてしまった場合、それを二度と繰り返さないようしっかり復習することが大切でしょう。

頑張っているのになかなか評価されないという人は、ミスの復習が不十分で、同じような失敗を繰り返しているか、いきなり実力をたくわえることにとびつきすぎている、というところに原因があることが多いのではないでしょうか。

評価されるためには、実力をつけることが必要です。

実力をつけるためには、ミスを極力減らし、成長の機会をもらえることが必要です。

人は急に変わりません。

自分の目標達成のために、何をどうすればよいのか、考える指針になるところではないかと思います。

|

« 辛いことに取り組むコツ | トップページ | 携帯に頼り切らない生活設計 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 評価されるためには:

« 辛いことに取り組むコツ | トップページ | 携帯に頼り切らない生活設計 »