« 昼間の活用 | トップページ | 時間を余らせない »

2012年1月 4日 (水曜日)

差がなくなるとき

箱根駅伝をただどこ大学が勝ったかという現象論で見ない場合、気付くことが1つあります。

高校駅伝は1学年の壁が大きく、名門校とそれ以外の学校の差も大きいです。

しかし、箱根駅伝では、普通に下級生が上級生を追い抜いていますし。無名校の選手が活躍しています。

長距離は、100メートル18秒のペースでいかに長く走ることができるかがポイントで、高校生レベルではどうしても上級生や優れたコーチがいるチームがこの域に達しやすいですが、大学生にもなると、地道に練習を重ねた選手の方が結果を出しやすいことがわかります。

これは、仕事をする大人は皆見習うべきことだと思います。

仕事も長距離走も、比較的単純作業で、練習量の多い人が最後に勝つことは同じように思います。

小手先の要領の良さや経歴で着飾る人よりもただただ、ひたすら練習する人が最後に勝つのであり、そうした人材こそ求めるべきです。

弁護士業界も人が増えて大変だと言われていますが、そこで、小手先の知恵でその場しのぎをするのではなく、真剣に努力を続けた人が生き残るのでしょう。

マラソンはしんどいですが、きらいではありません。

もっともっと、自分の目標に対して、人に、勝る努力を心掛けようと思います。

|

« 昼間の活用 | トップページ | 時間を余らせない »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 差がなくなるとき:

« 昼間の活用 | トップページ | 時間を余らせない »