« 逆境をどう捉えるか | トップページ | ドラフト戦略 »

2011年10月27日 (木曜日)

プロ野球チームの意義

横浜モバゲーベイスターズ、私は問答無用で、不可だと思います。

モバゲーが児童に対する犯罪を助長しているとか、商品表示だからという論点が報道されていますが、問題はそこではないと思います。

そもそもプロスポーツはなぜ存在するのか。

スポーツを通じて観客を感動させるためです。

しかし、この感動は映画のように優れた作家によって作られたものではなく、シナリオのない感動、あるいは感動は観客自身が個人で感得するものでしょう。

スポンサーなんて金を出すだけで、何もできないのです。

そうであれば、スポンサーには、相応の金銭的リターンがあればよいだけ。

観客が感動するためには、観客自身がチームの構成員として、真剣にチームの未来を考えていく必要があります。

チーム名に社名や商品表示を付すと大変な宣伝効果にはなりますが、逆に個々人レベルでは、チームのことが他人事となり、特にチームの調子が悪いときの支えには到底なりえません。

チームはファン皆のもので、たとえ、出資者であろうと、それを独占しているようでは、チームの繁栄は望めません。

プロ野球は、いいかげん、チームをオーナー会社が独占することをやめ、ファン全員のチームであるとはっきりさせなければならないでしょう。

そして、これは、アンバランスに高騰した選手の年棒や各種手数料などを適正化することにより実現はそれほど困難ではないでしょう。

ファンの力強い支えのある阪神タイガースも、どこかの企業が独占してしまうとファンは去るよりほかなくなります。

願わくば、一刻も早くこのことに気づき、ファンによるチーム支え、という意識が広まってほしいと思います。

|

« 逆境をどう捉えるか | トップページ | ドラフト戦略 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: プロ野球チームの意義:

« 逆境をどう捉えるか | トップページ | ドラフト戦略 »