« 反社会的勢力とのつき合い方 | トップページ | 損な体 »

2011年10月 5日 (水曜日)

商売の2極化と社会責任

商売人の方々を見ていると、商売のあり方今後どんどん2極化していくのだとわかります。

片方は、新しいヒット商品をどんどん生みだし高値で取引する先駆け企業

もう一方は、薄利多売を極め、市場を独占する企業

どちらも商売のありかたとしては間違いではありません。

ただ、人を相手にお金をもらう仕事をする社会責任を果たしてほしいと思います。

前者につきましては、日本のトップ企業として、世界で渡り合うか、収益を国内活性化に再投資すること。

後者につきましては、廉価を極めるか、雇用を拡充することです。

世界経済を見てわかる通り、日本人の雇用とキャッシュを断固守りぬく必要があり、それをするのは、その道のトップ企業だからです。

商売の2極化は、その先に日本の発展を見据えるならば大いに推奨されるべきで、その先に個人の独占だけがあるのであれば断固阻止すべきものです。

震災も1つの契機として、日本全体で豊かになり、世界で勝ちぬく、という意識を、商売の成功者から広めてほしいものだと感じてやみません。

|

« 反社会的勢力とのつき合い方 | トップページ | 損な体 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 商売の2極化と社会責任:

« 反社会的勢力とのつき合い方 | トップページ | 損な体 »