« 雇用を拡大する | トップページ | 自転車の走る道 »

2011年9月12日 (月曜日)

市民アンケート

先日大阪城で行われたイベントの際に大阪市長選挙に向けたアンケートをとりました。

大阪市長選挙について市民がどのような認識を持ち、今後どのような活動をしていくべきか考える題材にしようと行ったアンケートです。

今日、その集計をしたところ、意外な結論が出てきました。

公の場でのアンケートですので、選挙に行くつもりがなくても行くと答える人は多いと思いますが、相当数の方が、「興味がない」「行っても意味がない」とはっきり書いています。

また、それ以前に、大阪市以外に在住しているのに、選挙に行くと答えたり、府の問題と市の問題をごっちゃにした回答があったりと、そもそも最低限の知識すら有しない方が結構いるということが判明しました。

政治に興味のない人がニュースや新聞によって、政治問題を理解するのは困難です。

これからの課題は、こうした政治無関心市民に、いかに初歩から政治の仕組みや問題点を伝えていくかになってくるでしょう。

おそらく我々が漠然と抱いている市民の政治への関心度よりも現実にははるかにひどいと推測されます。

映画やドラマの中で政治問題に触れる、簡単な初心者向けニュース番組を作る、いたれりつくせりの少し情けないやり方ですが、そうでもしないと、政治への無関心はどんどん進行してしまうでしょう。

JCとしてもこの問題に何らかの有効な手段はないか考えて実践していきたいと思います。

|

« 雇用を拡大する | トップページ | 自転車の走る道 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 市民アンケート:

« 雇用を拡大する | トップページ | 自転車の走る道 »