« WBCには出なくてよい | トップページ | 監督者は重要 »

2011年8月15日 (月曜日)

高校野球は教育

高校野球を見ていると、ストライクゾーンがプロ野球より広目にとられていることに気づきます。

まだ技術の未熟な高校生ですし、さらに、炎天下や連戦という悪条件も重なるので、こうしなければフォアボール連発のつまらない試合になってしまうため、妥当なジャッジだと思います。

しかし、この措置、単に試合のバランスをとるだけの措置ではなさそうです。

投手に対しては、苦しい状況でも積極的に攻めることを、打者に対しては、四球での楽な出塁狙いをしないよう、指導する意味もこめられていそうです。

1塁のジャッジも同様で、きわどいジャッジの場合、一生懸命頑張ったほうを勝たせるジャッジをしたり、守備がふらふらで、勝敗の既に決した場合、守備側に有利なジャッジをすることもあるように思います。

かの名作「ルーキーズ」で、高野連のお偉いさんは、高校野球は優れた教育とともにある、と述べています。

高校野球の審判は粛々とルール通りにジャッジして勝敗を決すればよいわけではなく、試合を通じて、選手に様々な教育を施す場面もあるようです。

どちらが勝った負けたという結果だけにとらわれることなく、1つの試合を通じてどのような気づきを得、どのように成長するか、そういった面も大人の観客はしっかり見届け、支えていくべきだと感じます。

|

« WBCには出なくてよい | トップページ | 監督者は重要 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 高校野球は教育:

« WBCには出なくてよい | トップページ | 監督者は重要 »