« 情報資産を会計学的に考える | トップページ | 闇金撲滅世紀 »

2011年8月 5日 (金曜日)

引く勇気

風邪気味の症状が土曜日から続いているせいか、今週は少し弱気な選択ばかりしてます。

いつもなら、自分の限界に挑む選択、課せられた業務は、その週のうちに片付ける選択をしているのですが、今週は、業務を先送りし、自分に負担をかけすぎない選択をしています。

話かわって、何か商売をする際、立ちあげ当初は十分に計画し、成功の見込みを計算したうえで、着手しますし、その後の事業展開も同様に慎重に判断していきます。

しかし、何度かこうした大きな選択をしていると、やがて1つの判断に対する成功見込みの検討が甘くなっていきます。

加えて、前期以上の成果をあげなければというプレッシャーもあり、こうした要因から無謀な投資を選択した結果、会社が傾き、下手をすれば倒産、というケースは少なくありません。

常に最高の結果を求めることが最善の選択ではありません。

リスク・リターンをきっちり把握したうえで、その時点で最も妥当と考えられる道をしっかり考えて出さなければならないでしょう。

時に引く勇気をもつこと、どういう時に引くべきか常に考えることを、をしっかり意識しながら、長い目で負担なく成長できる方法を模索して行こうと改めて考えました。

|

« 情報資産を会計学的に考える | トップページ | 闇金撲滅世紀 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 引く勇気:

« 情報資産を会計学的に考える | トップページ | 闇金撲滅世紀 »