« 追い込まれる前にやる | トップページ | 仕事が早いと・・ »

2011年7月11日 (月曜日)

過酷な大会

アメフトのワールドカップが開幕しました。

日本はこれまでアメリカの出場しない大会で連覇。

アメリカの出場した前回大会は準優勝という結果で、今回も期待のできる大会です。

しかし、今回の大会は選手にとって非常に過酷なルールとなっています。

まず1つは登録選手枠。

キッカーを除いて22のポジションに対し、45名しか選手登録できません。

QBは間違いなく3名必要ですし、その他、バックスも2人で回すのは困難です。

キッカーはフィールドポジション兼任でもよいものの、怪我を考えると、キッキングチーム専属にしたいところで、少ない人数をうまくまわしていくことが重要になります。

次に日程。

アメフトの試合は1試合の消耗が大きく、中1週間での試合はつらいところ、今大会は、数日おきにどんどん試合が開催されます。

本来、個々の力量のマックスを、個別の局面で競う競技なのですが、今大会は、怪我をしないことや持久力・回復力が物をいう大会になりそうです。

しかし、そうした負担には日本人は強いはずです。

今大会はいろいろと厄介ですが、それを乗り越え、今回も好結果を残してほしいと思います。

|

« 追い込まれる前にやる | トップページ | 仕事が早いと・・ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 過酷な大会:

« 追い込まれる前にやる | トップページ | 仕事が早いと・・ »