« 将棋ソフトはまだまだ | トップページ | クーラーの温度設定 »

2011年7月 4日 (月曜日)

アジアで勝つために

バスケ日本代表対ドイツのクラブチームの試合をみました。

屈強な欧米人のチーム相手に、うまく守備し、シュートを落とさせてたのは素晴らしかったのですが、それでも勝てなかったのは、フリースロー成功率の悪さと、細かいミスが出たからのように思いました。

相手は日本代表のことをあまり知らずに試合に臨んでいますし、まだオフシーズン。

できればきっちり勝ちたい試合でしたが、勝てる試合をミスで落としたかたちとなりました。

来年のオリンピックに出るにはアジアで勝たなければならず、アジアの強豪国は当然日本を研究し、チームを仕上げて試合に臨んできます。

アジアでもバスケでは2メートル超の選手は当たり前のようにいますが、日本も高さや身体能力で簡単にひねられるチームではありません。

ここから先は、細かいプレーの精度を上げ、相手の弱点をしっかりつけるしたたかさと、きわどい勝負を勝ち抜く勝負強さが必要です。

残念ながら、今日の試合は、可能性は見せたものの、勝負強さは見せられなかった試合となりました。

バスケで日本がオリンピックに出ると相当盛りあがると思います。

これから細かいところをしっかりつめて、接戦をものにできる勝負強いチームを作り上げてほしいと思います。

|

« 将棋ソフトはまだまだ | トップページ | クーラーの温度設定 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: アジアで勝つために:

« 将棋ソフトはまだまだ | トップページ | クーラーの温度設定 »