« 大作が生まれない? | トップページ | 経営下降線の理由 »

2011年6月28日 (火曜日)

適度な目標を持つ

仕事が忙しすぎると病気になったり、体を壊したりします。

では、仕事が楽だと病気にはならないでしょうか。

たとえば、座っているだけで日給1万円。ただし、仕事なので、私語や居眠り、携帯の操作などは禁止、というアルバイトがあったと思います。

仕事自体は究極的に楽ですが、続く人は少ないのではないでしょうか。

このような仕事をこなしても何も得るものがあるませんし、自分の他にやりたいことを制限さっれう苦痛に耐える仕事になっては、もはや普通の肉体労働をしたほうが精神的によいでしょう。

仕事が楽=充実したライフというわけではないようです。

自分のやりたいことを仕事にしたうえで、毎日適度な目標を設定し、それをちょうど達成し続けていくワークライフが一番精神的によいでしょう。

誰もが、自分のやりたいことを仕事にはしているはずです。

そうであれば、次にすべきは、適度な目標をたてることでしょう。

自分を追い込みすぎても、甘やかしすぎても心は満足せず、適度なハードルを毎日こえていくことが一番精神的にも、自分の成長にもよいと思います。

いろいろな不安からつい、今追い込んで、利益や仕事の先取りを目論見がちですが、自分を知り、自分に一番あった仕事お標準をしっかり見極めて、儲けは減っても精神の安定した生活をすごしたいと改めて感じました。

|

« 大作が生まれない? | トップページ | 経営下降線の理由 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 適度な目標を持つ:

« 大作が生まれない? | トップページ | 経営下降線の理由 »