« 想定された駆け引きゲームだが・・ | トップページ | 自分に足りない能力は? »

2011年6月 4日 (土曜日)

政局事実認定

菅首相が退陣を約束したかどうかで、民主党内で認識が対立しています。

これを、法曹視点で事実認定論を展開してみます。

菅首相が退陣を約束した

という事実を証明する根拠は、鳩山氏の証言のみです。

通常、なかなか証言だけでは重要な事実認定はされません。

証言というものは感情や時間でいかようにも変化するもので、安易にこれだけで、重要な事実を認めるのは怖いからです。

しかし、今回は、菅ー鳩山会談をふまえ、鳩山氏及び小沢氏が、態度を一変しており、それ相応の話し合いがあったことがうかがえます。

これに加え、鳩山氏、小沢氏の従前の意向と、会談直後の態度の変化、動機づけをふまえると、菅首相が退陣を約束した、という証言は社会的に見て、信用に足ります。

ここで、これを証明する客観的書証がない、菅首相自身が当該事実を否認している、という反対要素が気になりますが、「退陣を約束した首相が日本の指揮をとるな、という批判が予想されるので、対外的にはこのことは明確にはしない」という動機づけはそれなりに信用できますので、反対要素も合理的に説明できます。

よって、菅首相は、退陣を約束した。

ただし、鳩山証言によっても、その退陣時期について明確に合意した事実までは認められず、具体的な退陣時期については、諸般の事情を考慮し、相当な時期と解するべきである。

という事実認定になるかと思います。

ここまでは、半分お遊びの記事として、

こういった話は、同じ民主党の議員である以上、表だって争いになる前に、当事者間で十分に認識を共有すべきものです。

今の菅首相と鳩山氏の関係はそれすらもできない、険悪な仲であると優に推測できます。

となると、民主党の分裂は早晩必至で、今回の内閣不信任で民主党が分裂しなかったことは幸が不幸か判別しかねるところです。

今は、震災復興が大命題ですので、菅首相続投は当然あるべき答えだと私は思います。

あるべき結末は、この迷走劇の中で、政治家が利権争いをするのではなく、この迷走劇の中だからこそ、政治家が力をあわせて、日本をベストな方向へ持っていくことで、ゴタゴタと国民の批判の中で、「国民のため」を大義名分ではなく、真の目標として追及するよう期待してやみません。

|

« 想定された駆け引きゲームだが・・ | トップページ | 自分に足りない能力は? »

コメント

日本人には、世界観がない。
それで、人々には、社会の行き着く先に想いを寄せる習慣がない。
だから、政治問題に関心がなく、その解決策にも関心がない。
「指導者は、何もしないのが最大の貢献である」とか、「指導者には、いますぐ辞めてもらいたい」といったものばかりが考えとなる。
現在の指導者を助けて長持ちさせ、改革の効率を少しなりとも上げるといった考え方はない。
より良い指導者を推薦することもなく、より良い政策を提案する能力もない。

どうして現在の指導者を退陣に追い込むかに頭を使っている人が大勢いる。
問題解決の能力はないが、事態を台無しにするだけの力を持った人がいる。
それで、各首相の政治生命は結果的に甚だ短い。

http://www11.ocn.ne.jp/~noga1213/
http://page.cafe.ocn.ne.jp/profile/terasima/diary/200812

投稿: noga | 2011年6月 4日 (土曜日) 02時15分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 政局事実認定:

« 想定された駆け引きゲームだが・・ | トップページ | 自分に足りない能力は? »