« 相撲大会の今後 | トップページ | 口パク歌手禁止令 »

2011年5月23日 (月曜日)

報道のあり方

ニュースとは、文字通り新しい事実の報道であることが普通です。

事実に対するコメントがありきたりになるのは、大衆報道上、しかたのないことですが、新しい事実を報道することにより、受け手は、知識を得ることができます。

ニュースは、インターネットで確認することが主流になりつつありますが、このネットニュース、簡単に報道できる半面、新しい事実の報道ではない、時期外れの報道をしばしばみかけることがあります。

おそらく、ライターはその報道をするにあたって、古い事実ではあるが何らかの感銘があったため、記事にしたのでしょうが、すでに知っている人からすれば、「そんな事とっくに知ってるわ」と思うだけです。

古い事実しか取材できなかったのか、古い事実であっても、斬新な切り口で報道できなかったか、いずれにせよ、ライターの力量不足を指摘せざるをえません。

ネットでの報道は、受けてが欲しい情報を簡単に検索できるかたちで提示するのがベストです。

ニュースは新しい事実の報道か、新しい切り口のコメントの提示であるべきで、そうでないものは、趣味・実用のコーナーなどで、整理するのがよいと思います。

発信者視点ではなく、受信者視点で情報をうまく整理できれば、ネット報道はまだまだ進化の可能性を秘めていると感じられます。

|

« 相撲大会の今後 | トップページ | 口パク歌手禁止令 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 報道のあり方:

« 相撲大会の今後 | トップページ | 口パク歌手禁止令 »