« 片道コミュニケーション | トップページ | ビッグクラブのベテラン雇用 »

2011年4月30日 (土曜日)

ボランティアだけが支援活動ではない

ゴールデンウィークに入り、被災地のボランティアをしようと思った方が増えたのか、被災地がボランティア受け入れ不能状態にあるとの報道がなされています。

震災直後も同じような状態がありましたが、善意で活動に行くにしても、寝る場所や飲食・排泄の問題を増やすため、受け入れ条件が整っていない以上、行くとかえって迷惑になるだけです。

しかし、だからといって、せっかく被災地のために何か貢献したいと思った気持ちを消してしまう必要はないと思います。

被災地の支援は、被害地域での現実の支援活動だけではありません。

被災地へ行くための旅費を募金したり、大きな被害を受けた沿岸地域へは行かず、宮城や岩手の中心部を観光し、お金を被災した県に落としてくることにより、被災地の経済を活性化させることもできます。

被災地に一番足りないのは人手でしょうが、ゴールデンウィークに限り、少し事情が変わるようです。

こうした事情をふまえ、ささやかでも、確実な支援活動を全国的に継続できればと思います。

|

« 片道コミュニケーション | トップページ | ビッグクラブのベテラン雇用 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ボランティアだけが支援活動ではない:

« 片道コミュニケーション | トップページ | ビッグクラブのベテラン雇用 »