« 風評被害対策 | トップページ | あるべき労働環境 »

2011年4月22日 (金曜日)

期間成績

プロ野球が開幕して3カードが終了しました。

1割代しか打てていない主力選手や、大あたりの若手選手など、予想に反した成績が随所に見られます。

それでも、監督は主力選手を上位打線で起用し、若手戦手を上位打線で起用することはあまりしません。

それは、打率はあくまで特定の期間の成績にすぎず、いかに優れた選手であっても、特定の期間打てない時期があるのは当たり前だからです。

これが若手選手だと、打率が1割前後の期間があれば、別の選手と代えられてしまうところですが、そこは実績という極めて説得力の高い事情があることが大きいです。

期間を区切って、まず成績を残すことで、試合に出る

成績を継続して残すことにより、継続して起用される

自分が何をすべきか見失った際、この2つのステップのどの段階で、どうすべきか考えてみることが大事でしょう。

ただ、私の意見を言えば、日本人は実績を信用しすぎの感があります。

期間的とはいえ成績のでていないベテラン選手よりも、調子のあがっている若手をどんどん重要なポストで起用していくことにより、前者には、プレッシャーから解放した調整の機会を与え、後者には、大物に育つ機会を与えることができます。

人を起用する側に立つ場合、長期的な成績ばかり重視せず、短期的な期間成績もふまえながらうまくチームの力を引き出していくことが大切でしょう。

たかが期間の成績ですが、それを出し続けることの難しさを理解し、挑戦する機会はどこの社会でも公平に与えられてほしいと思います。

|

« 風評被害対策 | トップページ | あるべき労働環境 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 期間成績:

« 風評被害対策 | トップページ | あるべき労働環境 »