« もう一歩掘り下げよう。でも、断るべきものは断ろう。 | トップページ | 専門情報は集約せよ »

2011年3月10日 (木曜日)

書類の媒体

連日多くの書類に目を通します。
書類には、電子媒体のものと、紙媒体のものがあります。
私は人から書類をいただく場合、電子媒体のほうがありがたいです。
なぜなら、整理・収納が簡単で、編集・修正なども自在だからです。
しかし、実際に読むのは紙媒体の方が多いです。
紙の場合、書類の中で少し読み返したり、比較対照するのが簡単で、目も疲れないからです。
というわけで、書類の管理は電子で行い、それを適宜プリントアウトして読むというのが、私の基本的なスタンスとなっています。
書類には非常に大量の情報が凝縮されており、本来、それを伝達するだけでも大変なはずですが、複数の手法があり、長短ふまえて、自在に選択できるというのは素晴らしいことです。
近い将来、認識した音声も、自動的に電子データとして管理・活字化されるでしょうから、ますます便利になるでしょう。
便利になるのはいいことですが、気をつけるべき点が2点あると思います。
まずは、情報がより伝達されやすくなった点をふまえ、情報管理を一層正確に行なわなければならないということ
次に、人には得手・不得手がありますので、他人に、書類の性質まで細かく要求しないこと
です。
便利になれば、ついつい、マイナス面を見失いがちですが、こうした点に気をつけ、より一層、仕事や日常の意思伝達がしやすい社会になってほしいと思います。

|

« もう一歩掘り下げよう。でも、断るべきものは断ろう。 | トップページ | 専門情報は集約せよ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 書類の媒体:

« もう一歩掘り下げよう。でも、断るべきものは断ろう。 | トップページ | 専門情報は集約せよ »