« 2011年が始まりました | トップページ | 限界を知れ »

2011年1月 2日 (日曜日)

わずかの差だけれども・・

ニューイアー駅伝、最後まで手に汗握る展開でした。

何十km走ってきて、最後の最後はほんの数メートルの差、勝者と敗者の心境の差には察しあまりあります。

私は、少し前にも書きましたが、1位と2位の僅差はあまり大きな実力差はないと思います。

が、世間的には1位が勝者、あとは敗者で、ほんの数メートルが大きな違いを生むものだと改めて実感しています。

この試合、最後1kmまでもつれたレース、トヨタ自動車のアンカーが、最後、3メートルほど、抜けだしました。

人間1人分の距離なら、どんなに疲れていても、勝利の栄冠のために、頑張れるのですが、2人分離されると、少し心おれます。

大差をつけて勝つのは困難なら、僅差で勝つしかありません。

僅差で勝ちきるなら、勝負所で、2ポイントリードすることが大事だとわかりました。

勝敗が実力差ではありませんが、世間では結果がすべてです。

そのために、ライバルに2ポイントリードする展開を意識していきたいと思います。

|

« 2011年が始まりました | トップページ | 限界を知れ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: わずかの差だけれども・・:

« 2011年が始まりました | トップページ | 限界を知れ »