« クーリングオフとはよくいったもの | トップページ | 仕事の提供はタイムリーに »

2011年1月 9日 (日曜日)

現状メンバーを育てよう

高校サッカー準決勝第1試合、対戦カードは、

京都府代表 公立高校 生徒はほぼ全員、京都府南部の地元人

千葉県代表 私立高校 有望選手が多数集まる、日本高校界の巨塔

でした。

私が京都出身ということもありあすが、京都府代表久御山高校に勝ってほしいと思っていましたが、難しいだろうという感じをもっていました。

しかし、結果は久御山高校が2度リードを追い付かれながらもPK戦で勝利。

圧倒的な戦力差がありながらの勝利、いわゆるジャイアントキリングは、何度見てもすがすがしいものです。

久御山高校の試合を見ていると、選手の長所をよく生かしていると思います。

大きな企業は、社員を自由競争させ、使える社員だけを幹部社員として優遇します

中小企業は、入ってくれた社員に丁寧に接し、社員の長所を伸ばします

少子化の中で、前者のような生徒の接し方では駄目で、後者の対応が必要だとつくづく感じます。

ないものねだりする余裕のある団体はないはずです。

来てくれたメンバーを理解し、その個性を伸ばしていく団体が結果を残せるのでしょうし、その後、有望な方が入ってきてくれると思います。

有能な人を集めるよりも、集まった人を伸ばす姿勢が大事です。

後者のような団体を、応援・支援していきたいと思います。

|

« クーリングオフとはよくいったもの | トップページ | 仕事の提供はタイムリーに »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 現状メンバーを育てよう:

« クーリングオフとはよくいったもの | トップページ | 仕事の提供はタイムリーに »