« 書面の価値 | トップページ | 人をうまく動かす »

2010年12月28日 (火曜日)

年内に届けたい

年末はお金の動きがあわただしいです。
私の身のまわりでも、預かり金の精算、保釈金の納付、還付、和解金の入金確認など、毎日通帳の記載に神経をとがらせています。
なんとか、年内にお届けできるお金は届けたい。
こんな時代だからこそ、特に意識して年内の決済をすすめています。
だいぶ、予定を先読みして、先手先手で動いてきたつもりなのですが、どうしても他人のお金のために、あまり精力的にならない方や団体あったり、
この時期は忙しいせいか、連絡がつきにくい方もいて、明日、ラストスパートで間に合うかどうか、予断を許さない件がいくつかあります。
お金の返還の問題は、弁護士に対するクレームの中でもおそらく一番多いクレームだと思います。
弁護士に就職して、経済的に少し裕福になりましたが、それと同時に、人のお金に対する気持ちを理解できてきたかなと思います。
不当な要求から断固としてお金を守り、
正当な支払をできるだけ早く実現する
プロアマ問わず、お金にからむ以上は、この2点をしっかり意識して行動すべきだと思います。
少し遅いクリスマスプレゼント、しかしお年玉にはならないよう、明日、仕事納めで、今年精算すべき件がすべて精算できるよう、頑張ります。

|

« 書面の価値 | トップページ | 人をうまく動かす »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 年内に届けたい:

« 書面の価値 | トップページ | 人をうまく動かす »