« 最善を尽くす義務 | トップページ | 不貞の立証方法 »

2010年12月16日 (木曜日)

癖にしてはいけない

ちょっと普段使わない毒舌を吐く
ちょっと有形力を行使する
ちょっと体に触る
礼儀をもってつきあう仲でも、このような軽度のマナー外の行動をとる光景がしばしばあります。
それは、それが冗談である限り笑いのネタになったり、「ちょい悪」が格好よいと感じたり、人間関係の堅苦しさを払拭するという意味があるのでしょう。
相手が同意し、人間関係を円滑にするものであれば、形式的に犯罪構成要件に該当するものでも、大きな問題にする必要はないと思います。
しかし、問題なのは、つい度がすぎてしまうと、さすがに問題とせざるをえなくなり、その線引きとけじめが困難であることです。
また、普段からこのような行動に慣れてしまうと、怒られた際や、欲求不満の際に、無意識的にこのようなリアクションをとってしまうことも懸念されます。
さらには、物事の善悪を十分に判断できない子どもへの影響も考えなければなりません。
全て「行儀よくまじめ」であるべきとは思いませんが、少し外れたことをする場合、「楽しければそれでいいやん」だけではなく、相手の感情・限度・けじめ・周囲の人の受け止め方、いろいろ考えなければならないことを、十分に理解せずに行動してしまい、トラブルになっているケースが多いのではないかと思います。
不器用な私は特に、注意しなければならないと日ごろからよく感じています。
ここまでやって大丈夫か、を判断するためには、周囲からの注意も大切でしょう。
自他ともに、楽しい人間関係を過ごせるよう、この点については、しっかり意識して周囲を見ていきたいと思います。

|

« 最善を尽くす義務 | トップページ | 不貞の立証方法 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 癖にしてはいけない:

« 最善を尽くす義務 | トップページ | 不貞の立証方法 »