« 都市の中の古城 | トップページ | 受付は会社の顔 »

2010年11月 3日 (水曜日)

わけわからなくても嘘は駄目

単純な破産事件は受任するが、複雑な事件は断るか、費用の上乗せを請求する事務所があると聞きます。

事件に学ばせてもらう我々若手弁護士としては考えにくい方針でしたが、最近、少しその気持ちがわかるようになりました。

複雑な事件は、まず正確な事件像をつかむのに、手間を要します。

それだけであれば、受任拒否や着手金の増額までは考えなくてもよいでしょうが、複雑な破産事件は、重大な免責不許可事由があったり、受任後、弁護士から追及されてはじめて免責不許可事由や資産隠しを明らかにされ、依頼者に虚偽報告迫られるケースがしばしばあることが問題なのでしょう。

ここは、破産事件と刑事事件が似ているところで、弁護士はルールの範囲内で依頼者に最大限有利な主張をしなければいけませんが、ルールを逸脱すると、弁護士資格すら脅かしかねない重大なリスクを背負い込むことになってしまいます。

もちろん、悪質な行為をしているのはごくわずかな方にすぎませんが、通常ありえない変な行為をして複雑になった破産事件を見ると、「面倒臭い」ではなく、本能的に身の危険を感じてしまうのではないかとなんとなく感じるようになりました。

とはいえ、破産すべき人は破産に導く必要があり、十分に事情を聞かずに放り投げてはいけません。

破産申立で気をつけるべきは、免責や資産隠しのために虚偽の申告をしないことです。

複雑な案件では弁護士の側から積極的なコミュニケーションを試み、それでも事件の闇が残る場合にはじめてどうするか検討すべきということだと思います。

破産事件と刑事事件は簡単だと安易に考えすぎず、簡単につきはなしもせず、丁寧な事情聴取に裏付けられた確実な報告が大事なのだと思います。

|

« 都市の中の古城 | トップページ | 受付は会社の顔 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: わけわからなくても嘘は駄目:

« 都市の中の古城 | トップページ | 受付は会社の顔 »