« 最終手段は全リセット | トップページ | 裁判官をリードせよ! »

2010年10月 5日 (火曜日)

裁判はゲームじゃない

新聞を読んでいると、裁判はゲームではないと指摘する裁判官の談話が紹介されていました。
簡単にいえば、「勝てばよい」というわけではなく、裁判を通じた「正義の実現」が目的であることを忘れてはならないということです。
事件に対しては様々な見方ができ、弁護士も検察官も自分の信念に従って勝訴を通じて正義の実現を目指せばよいので、多くの場合問題は生じません。
問題が生じる要因は、「他人から、自分の信念と異なる活動を強いられた場合」ではないかと思います。
無罪もしくは証拠不十分の事件についての公判担当を任された検察官
依頼者に「金はいくらでも出すから絶対に何とかしてくれ」と哀願された弁護士
ボス弁に「なんとかして勝て」と無茶振りされたイソ弁
などにありがちな事件かと推測します。
ある意味、日本の資本構造上、やむをえないことで、今後法曹人口の増加に伴い、ますます悪化するおそれがあるのではないでしょうか。
法曹人口の拡大に業務拡大が追いついていない現状では、やはり急激な法曹人口の増加は、裁判制度に対する脅威となりうるものだと思います。
今一度、合格者の適正な数を再検証し、徹底した教育と給与を保障しなければ、今後ますます裁判をゲームととらえる法曹、わりきってそうとらえなければ食べていけない法曹が増えていくのではないかと危惧しています。

|

« 最終手段は全リセット | トップページ | 裁判官をリードせよ! »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 裁判はゲームじゃない:

« 最終手段は全リセット | トップページ | 裁判官をリードせよ! »