« 負けたのはどっち | トップページ | 結構皆いい加減? »

2010年9月21日 (火曜日)

骨身を惜しんで働くときは?

寝る間や、昼食の時間も惜しんで仕事をすることがあります。

何のためにそこまでするのか?

一番簡単な答えはお金です。

高い給料がもらえるから、頑張るというのは至極普通の発想です。

しかし、ある程度仕事ができる人になればなるほど、生活のための仕事には困りませんので、いくらお金を積まれても無茶な仕事ややりたくない仕事は引き受けません。

こういう人が、きつい仕事を受けるのは、その仕事にクライアントも誇りをもってとりくんでおり、共感できるか、その仕事が自分の経験になるからでしょう。

お金にならなくても、われわれJCは、連日、来る大阪世界大会への準備を骨身を惜しんでとりくんでいます。

それは、それを大阪JC全体で誇りをもってとりくんでいるからで、そのために一生懸命やっている人のフォローはいくらでもしますが、いやいや付き合わされている人のしりぬぐいをさせられると、急にやる気がなくなります。

他人を本気で動かすポイントは、まず自分が本気になり、誇りをもってとりくむことからはじまります。

それで必ずしも他人が動くとは限りませんが、必須条件ではあるでしょう。

私も、いくらお金を積まれたとしても、黒を白にしろという依頼は受けませんが、クライアントの本気でお願いされれば、安価でも、難しい痴漢冤罪事件でも受任し、精一杯対応します。

人を金で動かすには限界があり、心で動かすにも限界がありますが、心の方が相手を動かす大きな手段になると思います。

普段の仕事でも、日常生活でも、私は金銭よりも人の心に共感した活動を心掛けたいと思います。

|

« 負けたのはどっち | トップページ | 結構皆いい加減? »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 骨身を惜しんで働くときは?:

« 負けたのはどっち | トップページ | 結構皆いい加減? »