« 丸聞こえ | トップページ | 奇妙な関係 »

2010年9月24日 (金曜日)

そのためにルールはある

できないじゃすまないんだ、必ずやれ!

どこの業界でもこういう無茶を言う人はいるのでしょう。

普通に考えてできなくても、いろいろ工夫してみると、できるようになる場合もあるので、ただの後押しであればよいのですが、本当にできないことを無理にしようとすると不正を行うしかありません。

証拠改竄、退職届の事実上強制、恐喝・・・

決して、遠くの国家権力の話だけではなく、我々の身の回りでもいつ巻き込まれるかわからないことですので、日頃から対策を練る必要があるでしょう。

「違法」と認識して強制する上司に対しては断固たる態度が必要です。

その人と縁を切るか、場合によっては警察等への相談も必要になてくるでしょう。

「違法」と認識せずに無理強いする上司に対しては、きちんと対話し、違法の認識ができた段階で、上記の対応になるでしょう。

受けての側として、無茶な依頼を受けた場合、それが本当にできることかまず十分に考えたうえで、さらに、それがやってもよいことかどうかのチェックも必要です。

できなさそうなことをする人は「使えるやつ」ですが、違法な行為をするのは「だめなやつ」です。

常に「使えるやつ」であり続けることは困難なので、あまり気張りすぎず、「だめなやつ」にならない心がけが大事だと思います。

|

« 丸聞こえ | トップページ | 奇妙な関係 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: そのためにルールはある:

« 丸聞こえ | トップページ | 奇妙な関係 »