« そのためにルールはある | トップページ | 休載します »

2010年9月25日 (土曜日)

奇妙な関係

セパともにまれにみる大混戦が続いています。

パリーグは勝てばマジックが減るが、負ければマジックが消えるという「生きるか死ぬか」の戦い。

クライマックスシリーズ進出の3位争いも同じような状況にあるという奇遇が重なっています。

セリーグは、首位中日に自力優勝の目がありません。

3位巨人は、2位阪神は自力で上回れるものの、首位中日を自力でとらえられず、優勝は厳しい状況にあります。

2位阪神は、3位巨人に自力で上回られる可能性があるため、マジックが点灯しません。

首位中日は自力で上回れるものの、9勝1分でなければ届かないおそれが強いです。

3つ巴で、直接の関係と、3者の中での関係にギャップがあり、非常に奇妙な関係にあります。

中日が有利ですが、「阪神の結果待ち」というのは、なんともモチベーションをあげにくいしチェーションです。

この負けられない時期にきて、直接対決では投手が、下位チームとの対戦では野手が活躍しています。

選手層の厚さ、安定感、シーズン終了間際のこの時期の調子、さまざまな大事な要素が、凝縮された最高のシリーズクライマックス。

連日目が離せません。

|

« そのためにルールはある | トップページ | 休載します »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 奇妙な関係:

« そのためにルールはある | トップページ | 休載します »