« 学校名じゃない | トップページ | みせかけの書面より確かな環境作り »

2010年8月 2日 (月曜日)

1点の余裕、1点の焦り

高校野球大阪大会決勝

ここまで猛打で勝ち上がってきた履正社にとって、息のつまる投手戦は今大会初めてでやりにくかったはずです。

初回の先制点がなければどう転んだかわからない試合でしたが、1点リードの余裕が攻守ともに余裕を生み、優勝しました。

打撃力に加え、接戦を勝ち抜くたくましさも備えた、大阪代表らしいいいチームです。

本大会でもぜひ期待したいです。

夜は、甲子園で阪神対中日

ホームランをパカスカ打たれる苦しい試合でしたが、2回にリードすると、そのリードをまもりきり、薄氷の勝利をおさめました。

こちらも、1点リードを守る胃の痛くなる試合ながら、1点リードしているという余裕が、攻守ともによく作用していました。

比較的簡単に点の入る野球ですが、1点先制する、1点リードすることが大きく、難しいことがよくわかる2試合だったと思います。

|

« 学校名じゃない | トップページ | みせかけの書面より確かな環境作り »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 1点の余裕、1点の焦り:

« 学校名じゃない | トップページ | みせかけの書面より確かな環境作り »