« 大阪クイズ | トップページ | 最初の印象が大事 »

2010年8月31日 (火曜日)

和歌山の繁栄を願う

和歌山県の人口が、近畿で初めて100万人を割ったとのこと。

今ひとつピンとこないので、改めて近畿の地図を開いてみました。

和歌山県の中心である和歌山市は、大阪へ鉄道でつながり、それほど遠くはないのですが、空港のある泉佐野市や、その南の阪南市でも、大阪の中心部に通勤するのはきついと感じます。

それゆえ、和歌山は、大阪のベッドタウンとしては少し不自由な場所にあります。

そうなると、地場産業が大事になってきますが、広い土地に恵まれていながら、みかんくらいしかあまり全国区の名物が知られていません。

なまじ大阪に近い分、子どもはどんどん大阪の学校に出て行き、かえってくる人が少ないのが現状ではないでしょうか。

奈良や滋賀は、京都や大阪のベッドタウンとして開発が進んでいますが、和歌山へはまだ開発がすすんでいないという点も一つの要因です。

しかし、和歌山はまだまだ資源に恵まれています。

先に述べたように、県土は広く、太平洋に面し、温暖な気候に恵まれて過ごしやすい県です。

海の幸・山の幸双方に恵まれ、衣食住に事欠くことなく、豊かに暮らすことができるでしょう。

リタイア後、下手に外国で住むよりも、絶対に、和歌山の方がおすすめだと思うのは私だけでしょうか。

大阪だけ豊かになればよいというわけではなく、近畿として、活発で豊かな社会になってほしいと思います。

そのためにも、私は和歌山に縁もゆかりもありませんが、もっと注目が集まり、多くの人で活気あふれる町になってほしいと思います。

|

« 大阪クイズ | トップページ | 最初の印象が大事 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 和歌山の繁栄を願う:

« 大阪クイズ | トップページ | 最初の印象が大事 »