« 契約の申し込みは撤回できない | トップページ | 失敗のリスク管理 »

2010年7月30日 (金曜日)

この季節の仕事

7月の終わりから8月中旬にかけて、毎年、少しゆったりしたスケジュールになります。
その大きな要因は、裁判所が半分休みだからです。
もちろん、裁判がないだけで、裁判官はせっせとたまった判決を書いているのですが、裁判の割合が減ると、弁護士のスケジュールは少し楽になり、我々もたまっている仕事の消化ができます。
通常、1月の間をおいて裁判の期日が入りますが、夏季休廷期間を挟むと、大体、1月半の期間を置くことになり、期間をおいても準備事項が単純に1.5倍に増えるわけではないので、他の時期に比べて、仕事のペースのうえでも、裁判所に出廷する時間のうえでも負担が減るのでしょう。
今は、通常の裁判は、1月に1回のペースで行なわれますが、これから訴訟が増え、そのペースで裁判官が増えなければ、期日のペースは1月半に1回になっていくかもしれません。
弁護士業界は、人数の増加により、1人あたりの負担は減っていきますが、裁判官の負担は増えていくのかと思うと、やはり、司法研修所卒業生の任官・任弁の割合がよくない感が否めません。
ともあれ、こういうゆったりした時期にいかに高い精度の仕事をするかが、勝ち組と負け組みをわける1つのポイントだと思います。
忙しいというほどではない、という状態は少し寂しい感もありますが、この季節にしっかり勉強し、普段なあなあにしてきた部分を引き締めて、完成度の高い仕事を心がけたいと思います。

|

« 契約の申し込みは撤回できない | トップページ | 失敗のリスク管理 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: この季節の仕事:

« 契約の申し込みは撤回できない | トップページ | 失敗のリスク管理 »