« オランダ戦 | トップページ | 逆転勝利を呼び込む力 »

2010年6月21日 (月曜日)

雰囲気

テレビをつければ、必ずどこかでサッカーをやっている日曜日でした。

紹介されていることは、ほとんど知っているので、見る必要はないのですが、それでもそのチャンネルをかけてしまうのは、他によい番組がないからでしょう。

そういうわけで、私も、他によい題材がないので、サッカーの話題を書きます。

他国のチームのニュースを見ていると、結果を伴っていないチームを中心に、チームの雰囲気がよくない、というものがあります。

全員で協力してよいチームに仕上げていかなければならない中で、監督や特定の選手が悪いのではないかと、疑念が生じてしまえば、自分だけ頑張っても馬鹿みたい、と考えてしまい、チームに悪循環が生じます。

トップスポーツ選手はプライドが高く、自己主張も強いので、簡単にチームの雰囲気をよくするのは困難でしょう。

その点では、日本はワールドカップ前に不満をはき出し、それなりの結果も残していますので、この問題はなさそうです。

強いチームを作り上げるためには、どこかでこの壁にぶつからなければならないと思いますが、今回の日本のように、公式戦でこの壁にぶつからず、大会前に解消してしまうのは、見てる側からはヒヤヒヤしますが、理想的な問題の解決だと思います。

チーム編成にあたり、チームを統括できる川口選手を入れ、キャプテンに指名したのは正解だったのでしょう。

自由が個性を生かす

最近、人気のある考え方ですが、各人の自由に任せきらず、個性あるスペシャリストをまとめあげる、という難しい問題を克服した団体がチームとしてのパフォーマンスを残せるということは、サッカーチームだけでなく、どの団体でも考えていくべき大事なポイントなのでしょう。

|

« オランダ戦 | トップページ | 逆転勝利を呼び込む力 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 雰囲気:

« オランダ戦 | トップページ | 逆転勝利を呼び込む力 »