« 安く、簡単に | トップページ | 点をとるのは難しい »

2010年2月26日 (金曜日)

バランス良いルール

女子フィギュア、「結果」そして浅田選手の検討には皆満足でしょう。
その反面で、採点方式や制度には不満を持った方が多いのではないかと思います。
年季を重ねれば点数が上がるわけではない。
むしろ、体が大きくなるにつれジャンプの成功率はどんどん落ちていく競技なのに、なぜ前回大会の浅田選手は年齢制限で落とされてしまったのか。
浅田選手にミスがあたっとはいえ、あの点差は何だ。
男子に引き続き、女子でも採点方式に疑問があがったと思います。
採点に関してはできる限り客観的な計算式を予め公表しておけば、その採点方式に従った演技が評価され、うまくとも、独りよがりな演技は評価されないということで争いにはなりません。
今回の疑問の種は
主観的評価の要素が大きかった
主観的評価による点差が大きくついた
客観的配点部分が世間一般の感覚とずれていた
といった点から生じているのかと思います。
折角スター選手のいる競技なのに、このうようなところで、ファンの不満がくすぶっては競技として大成しません。
フィギュアはいまや冬のビッグスポーツであることをふまえ、競技関係者とファンが意見交換し、観客も選手も納得できる制度設計ができればよいと思います。

|

« 安く、簡単に | トップページ | 点をとるのは難しい »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: バランス良いルール:

« 安く、簡単に | トップページ | 点をとるのは難しい »